出版物のご案内

雑誌掲載記事(2010)

太陽ASGグループのプロフェッショナルが執筆した寄稿、論文の一覧です。記事の内容にご興味がある場合は、出版社またはご相談・お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

2010年12月20日号

税務通信 / (株)税務研究会
税理士先生のための国際課税入門シリーズ16
中国の増値税還付制度に関するQ&A
来料加工・進料加工取引の原価管理について
下岡 郁(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士・中国弁護士有資格者)
金 春愛(グラントソントン太陽ASG税理士法人 中国中級会計士)

2010年12月20日号

旬刊・経理情報 / (株)中央経済社
中国本土のIPOのしくみと準備上の留意点
銭 宇飛(グラントソントン太陽ASG税理士法人 中国公認会計士)

2010年12月10日号

旬刊・経理情報 / (株)中央経済社
IFRS開示の着眼点 第3回リース
白井 亨(太陽ASG有限責任監査法人 公認会計士)

2010年11月号

税経通信/税務経理協会
税務相談Q&A 国際課税 繰越欠損金を有する特定子会社が保有資産を売却した場合の課税関係
丹菊 博仁(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士・米国公認会計士)

2010年11月10日号

旬刊・経理情報 / (株)中央経済社
IFRS開示の着眼点 第2回無形資産・借入費用
渡邉 りつ子(太陽ASG有限責任監査法人 公認会計士)

2010年11月号

国際税務/ (株)税務研究会
海外進出の事業形態とその税務
第2回 海外進出形態とシンガポール地域統括会社
田中 秀治(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士)

2010年10月10日号

旬刊・経理情報 / (株)中央経済社
IFRS開示の着眼点 第1回有形固定資産
白井 亨(太陽ASG有限責任監査法人 公認会計士)

2010年10月号

国際税務/ (株)税務研究会
海外進出の事業形態とその税務
第1回 海外子会社に係る税務──外国子会社合算税制
宮島 久美子(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士)

2010年9月3日号、9月10日号、9月17日号、9月24日号

ニッキン /(株)日本金融通信社
国際財務報告基準(IFRS)の基礎知識(1)(2)(3)(4)
石井 雅也(太陽ASG有限責任監査法人 公認会計士)

2010年9月号

税経通信 / 税務経理協会
税務相談Q&A 国際課税 外国法人に支払うソフトウエア開発費の源泉徴収義務
丹菊 博仁(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士・米国公認会計士)

2010年8月2日号

税務通信 / (株)税務研究会
税理士先生のための国際課税入門シリーズ15
日本・香港・中国間の国際租税最新動向に関するQ&A
下岡 郁(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士・中国弁護士有資格者)

2010年8月1日号

旬刊・経理情報 / (株)中央経済社
税制改正で変わる中国ビジネス【後編】
今後の日中間ビジネスへの国際課税の影響と対策
下岡 郁(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士)

2010年7月20日号

旬刊・経理情報 / (株)中央経済社
税制改正で変わる中国ビジネス【前編】
日中間取引へのグループ税制の影響と対策
下岡 郁(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士)

2010年7月号

税経通信 / 税務経理協会
税務相談Q&A 国際課税 外国子会社からの資金回収と平成22年タックスヘイブン税制改正
丹菊 博仁(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士・米国公認会計士)

2010年6月19日号

週刊ダイヤモンド / (株)ダイヤモンド社
特集「好条件の物件が続々登場 売れ筋マンション」
「住宅資金贈与の特例」活用術
浜村 浩幸(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士)

2010年6月7日号

税務通信 / (株)税務研究会
税理士先生のための国際課税入門シリーズ14
中国来料工場を持つ日本親会社のタックスヘイブン対策税制に関するQ&A
下岡 郁(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士・中国弁護士有資格者)

2010年5月号

税経通信 / 税務経理協会
税務相談Q&A 国際課税 米国法人に支払われるコンテナー賃借料に係る所得税・消費税の課税関係
丹菊 博仁(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士・米国公認会計士)

2010年5月1日号

旬刊・経理情報 / (株)中央経済社
現地法人より設立手続が簡単!税務上の問題は?
中国外商投資パートナーシップ企業の会計・税務ポイント
下岡 郁(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士)
張 思遠(上海土屋商務諮詢有限公司 中国税理士)

基準差異と現行実務の問題は?
IAS 18号適用上の検討ポイント
柴谷 哲朗(太陽ASG有限責任監査法人 公認会計士)
中野 秀俊(太陽ASG有限責任監査法人 公認会計士)

2010年4月10日号

旬刊・経理情報 / (株)中央経済社
初度適用時にはどちらが優先する!?
IFRS「免除規定」のオーバーラップ項目への対処法
和田 磨紀郎(太陽ASG有限責任監査法人 公認会計士)

2010年4月1日号

旬刊・経理情報 / (株)中央経済社
規制強化で課税リスクが増大!
中国の恒久的施設(PE)認定の最新動向と対策
下岡 郁(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士)
内沼 英城(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士)

2010年3月号

税経通信 / 税務経理協会
税務相談Q&A 国際課税 日本支店を有するインド法人の本店が、他のインド法人に対して支払う技術上の役務の料金に対する源泉徴収義務
丹菊 博仁(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士・米国公認会計士)

2010年2月20日号

旬刊・経理情報 / (株)中央経済社
特別企画 定義・認識・測定等はどうなる?「無形資産」の論点整理を読み解く
資産計上の判定、取得原価配分、減価償却など
論点整理から考える実務への影響
白井 亨(太陽ASG有限責任監査法人 公認会計士)

2010年2月15日号

税務通信 / (株)税務研究会
税理士先生のための国際課税入門シリーズ13 日本法人の中国におけるPE課税に関するQ&A
下岡 郁(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士・中国弁護士有資格者)
内沼 英城(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士)

2010年2月号

国際税務 / 国際税務研究会
中国来料加工工場の現地法人化に伴う
香港・日本におけるタックスヘイブン対策税制の課税問題の検討
下岡 郁(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士・中国弁護士有資格者)
丹菊 博仁(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士・米国公認会計士)

2010年1月30日号

週刊ダイヤモンド / (株)ダイヤモンド社
特集「減収・デフレ時代の最新節税術」
分野別ノウハウ「相続・贈与」
・住宅資金の贈与枠は大幅増額 不況で株式承継のチャンス到来
・後継ぎへの株式承継に使いたい「遺留分」を削減する民法特例
佐藤 陽一郎(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士)
浜村 浩幸(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士)

2010年1月18日号

税務通信 / (株)税務研究会
税理士先生のための国際課税入門シリーズ12
中国組織再編税制に関するQ&A(2)
下岡 郁(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士・中国弁護士有資格者)

2010年1月号

国際税務 / 国際税務研究会
中国来料加工工場の最新動向について~タックスヘイブン対策税制を踏まえて
下岡 郁(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士・中国弁護士有資格者)
丹菊 博仁(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士・米国公認会計士)

2010年1月号

税経通信 / 税務経理協会
税務相談Q&A 国際課税 タックスヘイブン孫会社から間接配当を受領する場合の課税関係
丹菊 博仁(グラントソントン太陽ASG税理士法人 税理士・米国公認会計士)